トップページ > 記事閲覧
AK4497DM2の発熱
投稿日 : 2018/02/07(Wed) 09:31
投稿者 RVW
参照先
AK4497DM2をくみ上げ、音も問題なく出ておりますが、R-chのチップ(AK4497)の表面温度が高く、R-ch用の安定化電源のヒートシンク発熱が多いのです。右チャンネルに負荷が集中(多い)することはあるでしょうか。
電圧も問題なく、ハンダミス等も確認しましたが問題は見出せません。同じ症状がある方いらっしゃいませんか?
記事編集 編集
Re: AK4497DM2の発熱
投稿日 : 2018/02/18(Sun) 00:28
投稿者 RVW
参照先
マイペースさんありがとうございます。
未だ原因不明です。ピンすべて個別に消費電力等調べればとは思っておりますが、針を使って調べるのが面倒で、ショートが怖いのと、現状で動作に問題が無いため「まっ!いいか」で済ませております。
その内に・・・・
記事編集 編集
Re: AK4497DM2の発熱
投稿日 : 2018/02/17(Sat) 10:51
投稿者 マイペース
参照先
こんにちは。
私も気になっていました。
私の基板はAK4497DMですが、Lチャンネルの方が発熱が大きいです。
音はLRともすばらしい音を出しています。
記事編集 編集
Re: AK4497DM2の発熱
投稿日 : 2018/02/08(Thu) 02:03
投稿者 RVW
参照先
レスありがとうございました。
発熱の件は依然調査中ですが、
14番ピンが左右ともLowということはレジスタモードで動作。L-chはCAD1=0、CAD0=1→チップ01、R-chが CAD1=0、CAD0=0→チップ00という識別かな・・であればアンバランスな発熱には関係しなそうですね。
記事編集 編集
Re: AK4497DM2の発熱
投稿日 : 2018/02/07(Wed) 17:30
投稿者 やなさん
参照先
13番ピンは、I2Cアドレスの設定用です。
本当は10KΩ抵抗を介した方が良いのでしょうが、今までのDACチップでは問題はありませんでした。

AK4497DM2のアナログ電源の消費電流を確認しましたが、RVWさんのレポートと逆で、L-chが150mAで、R-chが80mAでした。
L-chとA-chの違いは13番ピンの設定だけです。
AK4495DM2は左右同じでした。

左右CHの発熱量が基板で違うというのも不思議です。
記事編集 編集
Re: AK4497DM2の発熱,
投稿日 : 2018/02/07(Wed) 17:01
投稿者 RVW
参照先
回路図(AK4497DM DAC_1_0C.pdf)のチップ13番ピンがL-chが3.3Vに直結、R-ch13番がGroundに落ちていますがこれでいいのかな。これが負荷の原因か?
記事編集 編集
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント

- WEB PATIO -