トップページ > 記事閲覧
ES9028DMDAC出力と金田式NO220の接続について
投稿日 : 2018/06/27(Wed) 17:43
投稿者 T@M
参照先
やなさん、また教えてください。
ES9028DMDAC出力と金田式NO220の接続についてですが、出力1,3,5,7ピン直結と
2,4,6,8ピン直結してNO220へ入力しています。
オフセット電圧も少なく調節でOK,音出しもすんなりと良かったのでしたが、
回路電流を測っていたら4パラ7.6mA×4=30.2mAの筈が16mA位しか流れていません!
出力各1〜8ピン電圧約1.5V位で正常電圧で、接続導通も問題ありません!
NO220の回路が悪いのでしょうか?
よろしくお願いします。

*写真2枚追加しました。

記事編集 編集
Re: ES9028DMDAC出力と金田式NO220の接続について
投稿日 : 2018/07/05(Thu) 17:49
投稿者 T@M
参照先
やなさん、こんにちは。

超シンプルな感じで完成しました。10×10p基板のおかげです。
ただ、ジッタークリーナーのCKIN+と−に接続コンデンサー0.1μFのコンデンサー
並列にPMLCAP1μF追加すると豊かさが増します。
ジッタークリーナーなのにどうしてこんなに
音質変化するのか?と思いました。

* 完成内部写真追加しました。
・ 外部1.2VBaTT電源はREGと並列接続です。
・ 5V仕様の有機ELですが、VDD3.5Vでも表示暗くなく動作
  する事が分かり、電源分離の目的で4.2V−ダイオードシフト
  しています。
・ ダイレクトS/PDIF、ICの入力インピーダンスが低いのか?直列に
  入れていた33Ω直結したら更に高調波再生が良くなり、音の深み
  が増しました。(只、入力の異常電圧には注意する必要があります)
外部1.2V並列接続BaTT電源の差が分かり難くなりました。
  ソース入力の情報量アップ≫電源のアップグレードでしょうか?
 




記事編集 編集
Re: ES9028DMDAC出力と金田式NO220の接続について
投稿日 : 2018/06/27(Wed) 21:41
投稿者 T@M
参照先
やなさん、コメントありがとうございました。

電子VOLMAXでS/PDIF入力はテレビ放送での測定です。
基本に戻ってDAC各出力ピンに抵抗150Ωで接続してアースに落とし電流
を測って見たところ各3mA位しか流れません!
抵抗値を100Ωにしても僅かに増えるだけです。
DACの電圧3.3VはBaTT駆動で3.2Vです。1.2VはOK
DACチップの出力インピーダンスが少し高いような。
幸いNO220回路では実用上16mAは最適な電流値のようです・・・
何が関係しているのかもうすこし調べて見ます。

*ES9028性能が良いのは確認しました。音質はややAK4495の方が好みではあります。
エージングで変化しないかな〜・・・
記事編集 編集
Re: ES9028DMDAC出力と金田式NO220の接続について
投稿日 : 2018/06/27(Wed) 20:32
投稿者 やなさん
参照先
T@Mさん、こんXXは。

30mAは最大音量時の電流量なので、いつも30mAが出力されているわけではないと思います。
ES9028の電子ボリュームを最大にして、音の大きな音源を再生すると良いでしょう。
尚、ゲインキャリブレーションの設定がAlwaysの場合は、-2dBになります。

ES9028の各CHの出力が正しくないか疑わしいのであれば、出力コネクタのいずれか1ピンだけを220I/Vに入力して確認して行ってください。
記事編集 編集
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント

- WEB PATIO -